クレジットカード 現金化 法律

クレジットカードを現金化する会社は法律上どうなのでしょうか

毎年、年の瀬が迫ると、12月はお金が足りなくなり大変です。この月は、行きつけの飲み屋さんでも、集金の季節です。お金が底をついていても、当面家族が生活できるようにお金を準備しなければなりません。さて、その方策としては、どんなものがあるのでしょうか。

年の瀬、金欠病にかかったらどうしますか

なにも、特別な遊びをしているわけではないのに、月末の給料日が迫ると、手持ちの現金が底をついてしまいます。限られた給料ですから、計画的に使えば、そんなピンチには陥らないで済むのでしょうが、それが、人間の弱いところです。お金が無くなると知りながらも、ついつい、遊びや、買い物でお金を使ってしまいます。考えてみれば、人間とは、とても弱い生き物ではないでしょうか。地球の裏側に、アメリカという国があります。彼の地では、人々は現金を持ち歩きません。支払い方法としては、チェックと称される小切手と、それから、プラスチックマネーと称されるクレジットカードの二種類が多用されています。

いますぐ、現金を必要としている人たちにとっては

プラスチックマネーと称されるクレジットカードのシステムは、アメリカを経由して、日本でも導入されました。いまでは、主だった市中銀行は、提携クレジットカード会社をかかえているほどです。日本で、瞬く間に、広まってしまったクレジットカードですが、その便利な機能を利用して、新たな金融商品が誕生しています。クレジットカードを現金化するというビジネスですが、法律に厳密に照らし合わせれば違法ではないかと睨んでいます。それでも、カードの現金化をする人たちは、後を絶ちません。いますぐ、現金を必要としている人たちにとっては、とてもありがたいシステムだからです。

カードのキャッシング枠を使い果たしたらどうなるのか

日本国内で、あれよあれよという間に広まってしまった、カードの現金化会社ですが、法律上、グレーな部分をかかえています。一番の問題点は、カード会社の規約で、このような取引を禁止しているからです。カード会社が提供しているサービスは、商品を購入する際のショッピング枠と、急なお金が必要な場合のためのキャッシング枠です。カードのキャッシング枠の限度内であれば、同じ月に、何度も繰り返して、ATMから、現金を引き出すことができます。その便利さゆえに、ついつい、使いすぎて、限度額に達している人たちが多いです。こうなると、残りの手段は、法律で許される範囲に限りますが、ショッピング枠の現金化だけということになります。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠を使い果たしたら、その月は、精算が終わるまで、カードで現金を引き出すことができなくなります。残った手段として脚光を浴びているのが、カードのショッピング枠を利用して現金を入手するという荒業です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

クレジットカードの現金化は優良店を選んでいきましょう
クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法について
クレジットカードを現金化する会社は違法でしょうか
クレジットカードを現金化する業者選びはじゅうぶん比較検討すべし
クレジットカードの現金化は即日可能です
クレジットカードの現金化の仕組みはどういうものか
クレジットカードの現金化は業者なら安全
還元率に着目してクレジットカードの現金化を行う
クレジットカード現金化の手数料は
クレジットカードの現金化の相談をされる方が増えています
クレジットカードを現金化するときの注意点
クレジットカードの現金化は儲かるのか
クレジットカードの現金化は換金のスピードも速いです
クレジットカードの現金化は来店の必要も無く手軽に出来ます
クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に必要なものとは
クレジットカードの現金化は休日でも対応できます
クレジットカードの現金化は大手を利用していくのがおすすめです
クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に少しでも高還元を期待する方へ
クレジットカードの現金化は規約上はどうなのか
クレジットカードの現金化は少額でも可能です
クレジットカードの現金化の利点について
クレジットカードの現金化を行っても警察に捕まるようなことはありません
クレジットカードの現金化を行う目的は
クレジットカード現金化の専門業者なら金券類でも安心